過去記事

[HOME][ある日の共保][0・1歳児][2歳児][3歳児][4歳児][5歳児][給食室][保護者]

ある日の共保

※保育所内での、ごく日常的な出来事を公開するページです。
※画像クリックで拡大します。

どんと焼きとお正月遊び

01/21
 どんと焼きとは、小正月(1月15日)に行われる五穀豊穣と無病息災を祈る行事です。保育所では16日の朝早くから年長さんが焚き木を運び、どんと焼きの準備をしてくれました。焚き木と一緒にお正月飾りを燃やし、その煙を体や頭につけて今年一年の健康をお祈りします。火が落ち着いてからお餅を焼きます。子どもたちはアツアツのお餅にかぶりつき、おいしそうに食べていました。
 どんと焼きのあとは、お正月遊びをしました。年長さんの息の合った太鼓と獅子舞いから始まり、クラスごとに、凧揚げ、コマ回し、お手玉を見せてくれました。コマが上手に回せると、見ている子どもたちから拍手が沸き起こります。寒い日の遊びを、一生懸命楽しむ子どもたち。今年も元気に、すくすく育っていきますように!

  

実りの秋 サツマイモ掘り

10/16
 お米を刈り終わり、お昼寝の後には、田んぼの横の畑でお芋掘りです。まずはツルを「うんとこしょ〜」と、仲間と一緒にひっぱります。そして、手やスコップで土を掘り、お芋のあたまを見つけた子どもたちが、「あった!」と声を上げます。手でお芋のまわりの土を丁寧にのけて、おしりまできれいに掘りだせば、嬉しそうに掲げてみせてくれました。
 500個を超える収穫があり、みんなで大喜び!おいものツルは5歳児が巻いてリースを作りました。「おいものカレーがつくりたい!」「いももちもおいしいよ!」と、何を作るか相談中の子どもたちです。

  

実りの秋 稲刈り

10/16
 園庭の一角で育てていた、お米の収穫をしました。
 鎌を使って稲を刈り、束を作って天日干しをします。年下のクラスの子には、お兄ちゃんたちが軍手を着けるのを手伝ったり、「こうするんじょ!」と教えてくれたりしていました。
 天日干しされた稲穂は鳥に食べられないよう、子どもたちが描いた忍者たちが守っています。

  

夏の締めくくり!さかなつかみ

9/6
 今年の夏も仲間と一緒にあそびこんだプールに、アユとウナギを泳がせて魚つかみをしました。
 子どもたちは、スピード感のある魚をダイナミックに追いかけ、つかんでいきます。子ども達の生き生きとした表情。
 ウナギはお父さんにさばいてもらいました。さばく姿を見つめる子どもと保護者たちのまなざし。大切な時間です。
 魚つかみの体験を通して食べ物の命を頂いていること、命の大切さを子どもたちに伝えています。
 同時にプールの片づけも保護者の方々にお手伝いしていただき、無事にプールを終える事ができました。ご協力ありがとうございました。

  

6月誕生会

6/4
誕生会の初めに年長さんが手遊びをしてくれました。『なっとう』『かえるのよまわり』など。年下の子は嬉しそうに真似しています。ちびっこ先生ありがとう。

今月は、すずらんテープのトンネルをくぐりぬけて登場です。5月はこいのぼりから登場してきました。大好きな歌をリクエストして、皆に歌ってもらう月もあります。年に1回の大切な大切なお祝いの日です。

手形メダルをかけてもらったら、みんなから『♪たんたんたんたんたんじょうび〜』と一人ずつ歌ってもらいます。『じゃあ、おたんじょうびのお歌うたおうか』と司会の職員が言うと『ほなひきますよ〜』と、どこからともなくスタンバイOKの声が。驚いてピアノの方を見ると、1歳児のかわいいピアニストが座っていました!5月に入所してきて、すぐに自分の2歳の誕生会がありました。1回しか経験していないのですが、嬉しかったのでしょう。よく覚えていました。『ほな弾いてもらおうかな』と言うと、『は〜い』と、弾いてくれました。みんなアカペラでお祝いです。かわいいプレゼントでした。

  

前ページ 次ページ

▲ページの先頭へ▲

[HOME][ある日の共保][0・1歳児][2歳児][3歳児][4歳児][5歳児][給食室][保護者]